代表ブログ

「風立ちぬ」とほぼ同時期に上映された、日本人なら誰もが知っている竹取物語をアニメにしている高畑勲さんの作品です。

全体のストーリーです:竹取の翁が竹やぶに入ると、光る竹があり、そこから女の子が出てきました。翁と媼が大事に育て、美しい女性に成長しました。都で立派な姫に育てようと、翁は都に引っ越します。かぐや姫の美しさはたちまち都の話題になり、5人の高官の男性が求婚に来ました。姫は5人の男性それぞれにこの世にはない宝物を持ってくるようにと、無理難題を課しました。その男性達は作り物の宝物を持ってくるなどの有り様でありました。姫は失望し、その後に帝には抱きつかれる始末。姫は月の住人であったことを思い出し、最後は月に帰ってしまうという話です。

まず翁ですが、かぐや姫を本当に我が子のように大事に大事に育てる様が描かれております。赤ん坊の姫のおしめをかえ、姫が誤って危ないものを触ろうとしたら取り上げ、姫の姿が見えないとあちこち探しに行ったりなどです。そして媼は翁から一歩下がってはいますが、しっかりと翁と共に姫を支えております。作品を見ていて、本当にいい両親だと思いました。

翁は本当に姫のためを思って、都に移り住み、家庭教師をつけて習い事をさせ、高官の男性や帝と結婚させようとします。しかし、姫にとってはそれは自分の望むところではありませんでした。姫は自然とともに生き、捨丸という男性と一緒になることを望んでおりました。ただ、その捨丸も、姫が一緒になりたいと思った時にはすでに妻も子供もいました。

自分に求婚する高官の男性や、帝に失望し、姫としてはほとほと現世が嫌になったようで、月に帰りたいと望んだところ、15夜に月の都からお迎えが来ることになりました。

その月の都からのお迎えの一行は、お釈迦様と菩薩様一行のような人達として描かれております。月の都とは極楽浄土のようなものなのでしょう。
我が子として可愛がっていた姫が月に連れて帰ってしまわないように、翁は兵隊を雇って抵抗しますが、抵抗は虚しくあっさりと雲の上に姫を連れていかれます。

そこで、翁と媼は「姫!」「お願いだから私達も連れていっておくれ!」と泣きながら姫と抱き合います。ある程度大きい子供を育てた経験のある大人であれば、このシーンではきっと大粒の涙を流されることでしょう。

月の都の一行でお釈迦様が出てくるので、きっと仏陀の教えがこの作品のテーマではないかと思います。

仏陀の教えは「一切皆苦」、この世に生きることは苦難に満ちている、というものです。
翁も姫も上記のように思い通りの人生ではなく、悩んでばかりですが、その悩んでばかりの人生に非常に価値があるというのがこの作品のテーマだと思います。姫は何の苦労もない極楽浄土の月の住人でありながら、苦難に満ちたこの世で生活することを希望し、一度は現世が嫌になり月に帰ることを決めてもなお、この世の生活の素晴らしさや価値を認めておりました。

僕はこの作品はスタジオ・ジブリ屈指の名作だと思います。
作品のタッチは水墨画のような絵になっていて、非常に柔らかい作品の雰囲気を作っていますし、日本最古の物語を映画に、これ程壮大なテーマを描いた作品は他には見当たらないと思います。

皆さんはどう思いますか?(^O^)

この映画は上映終了後、あまり期間をおかずにビデオで観た記憶があります。その当時は長野県の急性期の病院で勤務しており、なかなか映画どころではなく、さらっと映画を観たのですが、内容はさっぱり分からず、「宮崎さんの映画は雰囲気ものになったんだな(^_^;)」というような感想をもちました。ただ、その当時のこの映画の評価は大変高く、周囲のみなさんは、「面白かった」という評価ばかりで、「面白くなかった」なんて、とてもとても言える雰囲気ではありませんでした。

さてさて、それから◯年経過しております。

昔観た映画をもう一度観ると、やはり色々発見がありました。
まず、この映画は邦画興行収入ランキングで1位をとっているんですね。というと多くの日本人の琴線に触れる何かがあるということですよね。
僕の印象ですが、この映画はマンガ日本昔ばなしを思わせるような世界観が描かれているなと思いました。
不思議な門をくぐり抜けたらそこは神様の国だった。神様の国の食べ物を食べた両親は豚に変えられてしまった。その国の油屋に住み込みで働く千尋、いや千。腐れ神、カオナシからの油屋のピンチを救い、皆から評価を受けて最後は無事に人間界に戻ると。
絵の雰囲気もそうですが、僕は日本昔話を思わせました。
小さい頃によく僕のお爺さんが、僕と妹の二人に日本昔ばなしの本を読んでくれたことを思い出します。

ハクはジブリの主人公の男の子では定番のかっこよさでした。元々は川の主で、千尋を救ったことがあるのですが、その川は埋め立てられて今はマンションになっていると、「また会おう!」と最後の千尋に言ってますが、千尋が人間界に戻ったらもう会えないのではないでしょうか?まあ、これはマンガってことですかね?

カオナシはもう一人の主人公??ですかね。神様の世界では異質な存在のようです。それだけに同じく異質な存在である千尋に惹かれる部分ってあったんでしょうか?人を飲み込んで砂金を払いますが、砂金はただの泥になってしまいます。ひと暴れすると馬鹿におとなしくなって、最後は銭婆のところでおとなしく過ごすとのこと。色々な面があるというところでは人間臭いのでしょうか?

最後の方のシーン、湯婆婆が豚を数匹並べ、「(湯)千の両親はどこにいる?」「(千)ここには両親はいない」「(湯)当たり!!」というシーンは多くの人の心を打つのでしょうね。親子の絆、ですね。いきなりのこの展開はまさにマンガ、ですけど、ここで千がこの豚の中に両親がいないことを当てるのは心の眼というか、ミラクルとしか言いようがないです。さらに油屋の皆さんが応援しているところをみると、皆さん湯婆婆のことはあまり良くは思ってないのではないでしょうか?雇われているから仕方ない、みたいな感じでしょうかね?

この映画のテーマは何でしょうか?・・・・ネットを調べると、生きてく強さ、とありますね。でも宮崎さんの映画ってどれも生きていく強さってテーマになってますよね(^_^;)?
パズーやシータのような、最初から生きていく強さが全開のアニメアニメしている主人公ではなく、親に何でもしてもらっていて、ぐずって頼りない極々普通の女の子として登場する千尋が描く、生きる強さ、みたいなのがテーマなのかな?^^;どうでしょうか?皆さん。

最後に非常に気になる点が一つあります。人間界に無事に戻った後、千尋の一家の引っ越しは無事に終わっていたのでしょうか??(^_^;)テーマとは何の関係もありませんけど・・・・。

久しぶりのホームページのブログです(^^ゞ
診療報酬の改訂など、いやいや色々大変でした^^;

さてさて、昨年の夏に公開され、話題になった「風立ちぬ」が早々とBlu-rayのDVDになりましたね!
大変話題になった映画、アマゾンから届いて、楽しみに観ました。

この映画はゼロ戦の設計者である堀越二郎さんと、堀辰雄さんの小説「風立ちぬ」をうまくMIXさせた映画のようですね。
肺結核を患う、二郎の妻の菜穂子さんは小説の方からのようです。

本筋とはややずれますが、本庄さんのセリフ、「本腰を据えて仕事をするために、所帯を持つ。それも矛盾だ!」・・・・これってなかなか面白いかなと思いました。
結婚を考えていらっしゃるカップルがいたら、是非とも女性の側から男性にこのシーンを教えてあげてみたらいかがでしょうか?(^^)

この映画を観た感想・・・・・、とにかく後味の良い映画だったというのが僕の感想です。
その面白さはとは、ラピュタやナウシカの良さとは全く質が異なるものです。具体的にどこがどうと言葉では上手く説明出来ないですが^_^

この映画が面白かったというのは、、そうですね・・・・、僕も大人になったということでしょうかね(*^_^*)

さて、この映画のテーマは何でしょうか?・・・・・・「つばさ」・・そして「愛」\(^o^)/、と僕は思いました。

皆さんはいかがでしたか?

先日届きました!(^^)!紅の豚のBlu-ray Discです。
僕はこの作品をリアルタイムで見ましたが、まだ高校生だった僕にはさっぱり意味が分からず、そのままジブリとはしばらく縁遠くなってしまいました((+_+))

しかし、ネットでこの作品のコメントを見ると、どれもこれも大人になってみたら面白かったとのコメントがあり、自分もどんな感想を持つのか?楽しみでした。

スタートして観ると・・・・、いくつか疑問点が湧いてきます。
ジブリの映画の男性象としては、パズーなどがそうですが、Ⅰ.たくましい、Ⅱ.頼りがいがある、Ⅲ.女性に優しい、という特徴があると思います。
豚のポルコは?・・・・・・、どれも当てはまりますね。しかし、年齢がパズーと30歳位離れているのかな?というところで、印象が違ったのだと思います。
多分、パズーの30年後ってあんな感じではないでしょうか?

ジーナとの関係はどんな関係なんでしょうか?
ポルコがまだ人間で、ジーナが若い時の、二人で飛行機に乗っている回想シーンがあります。恐らくは幼馴染みかなにかでしょう。
二人ともお互いが好きなんだけど、なぜか一緒になれないという関係なのではないでしょうか?
人間長く生きていると色んなことがありますからね・・・。
そんなこんなでジーナは3回結婚して、連れ合いは全て亡くしてしまいます。ポルコには、「昔からの知り合いはあんただけになっちゃったね」と。

ジーナはアメリカ人に誘われても、「恋ならしようと思えばいくらでも出来るけどね」と。
その真意とは、「一時の楽しみではなく、本当の愛が欲しい」という意味だと思います。
そう、皆のあこがれの的であり、とても綺麗な女性でも、人生苦労が多い、なぜか上手くいかない・・・・、何でですかね?

ポルコも苦労してますよね。パイロットの腕前は抜群ですが、先の大戦で仲間の多くを戦士し、今はファシスト党に追われる身。
姿は豚になってしまい、空賊の賞金をもらって食べている身分です。
もっているものはいいものを持っているのに、なぜか人生うまくいかない・・・・、何でかな?

そう、この作品のテーマとは「人生の哀愁」、「それでも人は生きていく」というところかと思います。
人生は頑張っても上手くいかないことが多いですし、ある程度の年を重ねると誰でもそんな経験てあるんだと思います。
ポルコとジーナはそれを代弁してくれて、僕のような年になると「そうだよね」「君らも頑張っているんだね」、と共感し、応援したくなります。

若い頃には面白くなくても、人生の辛酸を散々舐めた人にはこの作品の良さは分かってもらえると思います(ー_ー)!!

おまけですが、最後にポルコが一瞬人間に戻るシーンがありますよね、あれはあのまま人間に戻るのでしょうか?
僕はすぐに豚に戻ってしまうと思います。また、ジーナとの関係も、たまに飛行機で近くに来たり夜の店に来たりということには変わりないと思います。

ポルコが人間に戻る時、それは、ジーナとの関係においての壁が無くなった時ではないでしょうか??(^o^)

皆さんはどう思いますか?

勢いでハウルのBiu-rayも購入してしまいました!(^^)!これは観るのが初めての映画です。
今まで観なかった理由は、僕の周囲の知人や友人がこの映画については、あまりいい評価をしていなかったというのが理由です。
さて、映画をみてみると・・・・・。

画面はものすごく綺麗ですが、確かに展開は(?)と思わせるところがあり(+o+)

DVDの冊子を見てみると、この映画の原作者はジョーンズさんというイギリス人女性(故人)のようですね。そして、彼女はイギリス国内で、児童文学者として、最も独創的で、意外性のある作家という評価をもらっていると。
この展開の?さ加減は、イギリス人の中でずば抜けた独創性と意外性のある作家から来ているものであり、日本人には一度観たくらいでは正直理解しがたいものではないでしょうか(ー_ー)!!

展開はそのくらいにして、この映画のテーマは何か?

日本人ではなく、イギリス人の視点になってこの映画を見てみると・・・・、
僕は「騎士道」と「キリスト教」ではないかな?と思います。

ハウルはお花畑と家をソフィーにプレゼントし、「好きにつかっていいよ」「ソフィー綺麗だよ」と言う。
外では魔物とボロボロになりながら戦っていても、貴婦人の前ではかっこよくイケ面でいる姿。
騎士道の中での紳士ってイギリスではこんな姿なのではないでしょうか?

また、ずっとソフィーの近くで地味に見守り、最後は自分の身を挺してソフィーを救い、最後の最後で姿を見せる隣の国の王子様。
ずっとソフィーのことを愛していたが、ソフィーはハウルのことが好き。それでもあきらめずに、「僕は待っています。人の気持ちは変わるものだからね」というセリフ。女性目線からしたら、すごいいい映画ではないでしょうかね(#^.^#)彼も間違えなく、英国の騎士道の紳士ですね!

世の女性はこういう時ってどっちを選ぶのでしょうか?ハウル?それとも隣の国の王子?

荒地の魔女に対するソフィーの態度はどうでしょうか?
自分を90歳の老婆に変身させる魔法をかけたにもかかわらず、ソフィーは献身的に介護をする。
キリスト教では「汝の敵を愛せ」という言葉があります。イエス・キリストは地上のすべての人の罪を一身に背負って十字架にかけられた、アーメン。といったところでしょうか?

日本人にはない感覚ですが、汝の敵を排除するのではなく愛すると、とってもいいことがあるよ、という教えがキリスト教にはあるのだと思います。
ソフィーはその結果、2人の王子を手に入れました。

といった具合に、イギリス人からの視点に立つと、大変興味深い映画だったと思います(*^。^*)

皆さんの感想はどうでしょうか??

ついにBlu-rayをアマゾンで購入しました(#^.^#)昔、見た時にはトトロが可愛い、位の印象でしたけど、今見たらどんなだろうかと、わくわくしながらみました。

舞台は、昭和30年代?僕の生まれる前の感じがします。のどかな田舎に引っ越してきた一家。古い家には、真っ黒な生き物がいました。
メイが、真っ黒黒すけを見たことをおばあさんに告げた際、「わたしも小さい頃には見えたんだけどね、大きくなったら見えなくなっちゃったよ。」とのセリフが印象的でした。

トトロは大きくて可愛いですが、不思議な力を持ったその土地の神様のような存在なのかな?と。
木を大きく生やしたりして、子供たちを喜ばせてくれますが、痕跡もあり、決して夢ではなかったとの場面もあります。

この映画のテーマは、小さい頃には見えるが大きくなったら見えなくなってしまうもの、しかしそこには確実に存在するもの、今の日本の社会で忘れ去られてしまったもの、というところでしょうか。

皆さんはどうでしょうか?

ネットを検索してみます・・・。トトロは死神だのなんだの、と怖いことが載っていますね((+_+))
えっそうなの?って感じでしたけど(+o+)

夜10時半から、サッカーのヨルダン戦ですね!(^^)!応援頑張ります!!(^^)/
女子サッカーのように、いつか男子のサッカーもワールドカップで優勝して欲しいですね(^o^)
日本がFIFAランキング1位になる日を夢みています(#^.^#)

趣味の話ですが、手塚さんの作品は僕の大好きな漫画の一つです。
手塚さんの作品の凄さはとてもとても言葉であらわせるものではないのですが、、敢えて言うなら
「感性」ですかね。
火の鳥、ブラックジャック、鉄腕アトム、アドルフに告ぐ、などなど。
作品からにじみ出る作者の感性は、本当にすごいと思います。

何故こんな作品が出来るのか?

僕はその理由の一つに、戦争経験者というのがあるのではないか?と思います。

人間は、生きるか死ぬかの体験をするとその感性は研ぎ澄まされるのではないでしょうか?

水木しげるさんの作品も同様に僕のfavoriteです。あの人の作品から受けるエネルギー、感性もすごいもんですよね。
アンパンマンのやなせたかしさんも、戦争時にアンパンが食べたくてしょうがなくて、あの作品を思いついたらしいです。
その他、特攻隊の手紙なども10代の若者の文章とは思えなかったり。
おそらくあの時代の文筆家の作品なども同様ではないでしょうか?
僕は小説は読まないので、詳しくは分かりませんけど。

皆さんどう思われますか?

書こうかどうか?迷ったのですが、これも書いてしまいます!(^^)!
このDVDも、Blu-rayで出たときに、Amazonで予約して購入しております。

この映画を観て思うこと、いくつか挙げてみます。
①橋が崩れるシーンや最後のラピュタが崩れるシーンなど、崩れるシーンが非常に印象に残ります。他の監督の映画ではなかなか見られないシーンだと思いますが、この当時の宮崎さんの得意のシーンの一つではないでしょうか?
ルパン3世カリオストロの城でもあったと思いました。

②パズーが雲の中を飛びながらラピュタを探している時に出てくる、父親のシーン。これも父親がラピュタを見つけた時とパズーの飛んでいる時との交錯が、絶妙だなと思いました。この作品の名場面の一つと思います。

③主題歌の「君をのせて」は改めて名曲だと思います。ピアノで自在に弾ける人が羨ましいです(^o^)僕は当然弾けません(+o+)

④さて・・・、この作品のテーマは何でしょうか?ネットで調べると、色々皆さん書いていますよね。
勿論観た人の数だけ、テーマはあるのだと思います。冒険心、人の助け合い、などなど・・。

地上最大の破壊力を持つ天空の城ラピュタ、悪者に悪用される位なら、いっそのこと地球の外でいい・・・。

僕は、世界平和かな?と思いました。

そう、地上最大の破壊力をもつ兵器なんて必要なかったのだと(^^)/

少しかっこよくまとまった気がします(*^。^*)

皆さんの感想は???

先日、Amazonで予約したジブリの魔女の宅急便のBlu-ray盤が届きました!(^^)! この作品も上映当時に映画館で見た作品であり、長く僕の心に残っていたものです。
わくわくしながら再生しました。

13歳のキキが降り立った街は・・・・、さながらローマとベネチアを足して2で割ったような街ですね。宮崎さんが旅行で行って印象に残ったのではないか?と思わされました。
宅急便の仕事をしながら、上手くいかない時もあるけど、何とかやっていますと両親へあてた手紙・・・。

この映画のテーマは何だろうか(ー_ー)!!・・・・・。
非常にシンプルに「一人の女の子の自立と成長、ほのかな恋心」ってところでしょうか?

ネットで調べたところ、童話の本で続編などもある長い話の様子。これ以上の深いテーマなどはないのかな?と。

映画を見た当初は、主人公のキキが大変素敵な女の子だという印象でした。すごく可愛くて、性格も良くって、一生懸命。
もちろん映画の話なので、現実とは当然かけ離れていますが、「こんな子がいたらいいよな~」という少年時代によくある憧憬のようなものでした。

大人になってみてみると、確かにキキは可愛いけど、今更あこがれの対象でもなんでもないかな?といったところでした(^_^.)
少年時代の方がよりimpressiveな映画のような気がします。

クリニックのHPなのに、なぜかジブリのコメントばかりになってしまっていますね(#^.^#)

院長ブログ

院長ブログ

カテゴリー

ニュースカレンダー

2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

初診診察事前お申込フォーム

初診診察事前お申込フォーム

求人情報

求人募集

がん検診ナビ

がん検診ナビ