「紅の豚」私見

先日届きました!(^^)!紅の豚のBlu-ray Discです。
僕はこの作品をリアルタイムで見ましたが、まだ高校生だった僕にはさっぱり意味が分からず、そのままジブリとはしばらく縁遠くなってしまいました((+_+))

しかし、ネットでこの作品のコメントを見ると、どれもこれも大人になってみたら面白かったとのコメントがあり、自分もどんな感想を持つのか?楽しみでした。

スタートして観ると・・・・、いくつか疑問点が湧いてきます。
ジブリの映画の男性象としては、パズーなどがそうですが、Ⅰ.たくましい、Ⅱ.頼りがいがある、Ⅲ.女性に優しい、という特徴があると思います。
豚のポルコは?・・・・・・、どれも当てはまりますね。しかし、年齢がパズーと30歳位離れているのかな?というところで、印象が違ったのだと思います。
多分、パズーの30年後ってあんな感じではないでしょうか?

ジーナとの関係はどんな関係なんでしょうか?
ポルコがまだ人間で、ジーナが若い時の、二人で飛行機に乗っている回想シーンがあります。恐らくは幼馴染みかなにかでしょう。
二人ともお互いが好きなんだけど、なぜか一緒になれないという関係なのではないでしょうか?
人間長く生きていると色んなことがありますからね・・・。
そんなこんなでジーナは3回結婚して、連れ合いは全て亡くしてしまいます。ポルコには、「昔からの知り合いはあんただけになっちゃったね」と。

ジーナはアメリカ人に誘われても、「恋ならしようと思えばいくらでも出来るけどね」と。
その真意とは、「一時の楽しみではなく、本当の愛が欲しい」という意味だと思います。
そう、皆のあこがれの的であり、とても綺麗な女性でも、人生苦労が多い、なぜか上手くいかない・・・・、何でですかね?

ポルコも苦労してますよね。パイロットの腕前は抜群ですが、先の大戦で仲間の多くを戦士し、今はファシスト党に追われる身。
姿は豚になってしまい、空賊の賞金をもらって食べている身分です。
もっているものはいいものを持っているのに、なぜか人生うまくいかない・・・・、何でかな?

そう、この作品のテーマとは「人生の哀愁」、「それでも人は生きていく」というところかと思います。
人生は頑張っても上手くいかないことが多いですし、ある程度の年を重ねると誰でもそんな経験てあるんだと思います。
ポルコとジーナはそれを代弁してくれて、僕のような年になると「そうだよね」「君らも頑張っているんだね」、と共感し、応援したくなります。

若い頃には面白くなくても、人生の辛酸を散々舐めた人にはこの作品の良さは分かってもらえると思います(ー_ー)!!

おまけですが、最後にポルコが一瞬人間に戻るシーンがありますよね、あれはあのまま人間に戻るのでしょうか?
僕はすぐに豚に戻ってしまうと思います。また、ジーナとの関係も、たまに飛行機で近くに来たり夜の店に来たりということには変わりないと思います。

ポルコが人間に戻る時、それは、ジーナとの関係においての壁が無くなった時ではないでしょうか??(^o^)

皆さんはどう思いますか?

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

鈴木 :

何度か智広先生とはメールのやり取りをさせていただき、優しい口調であえて断定的なことは書いてこないのに、今回は紅の豚を「見てくださいね」と断定的に4回もメールをいただいたので何と無く見てしまいました。
実はこの映画、過去に見たことが智広先生と同じくあるのですが、全く心に響きませんでした。響かないどころか中身のない映画にさえ感じてました。

今こうして見てみると、自分も年齢を重ねるのに伴い多くの人間が味わう人生の落とし穴や遠回りを年齢相応にしてきたようで、心に強く響くものがありました。
こんなアニメに自分の人生を投影できる部分があるものかと少しおかしくもありました。

見た感想は智広先生と似たような感想を抱きました。
人生とは、不思議な程上手くいかない事もありますね。映画も良かったのですが、智広先生のアセスメントにも少し感動しましたよ(笑)

智広先生が書いていない部分の感想としては、現代社会では否定されたり古臭く思われ、よりファジーに、私利私欲に、その結果生まれる身勝手な欲求や衝動のために手段を選ばず、人を利用したり傷付けたりするのが横行している気がしますが、この映画では男のプライドや意地のようなものも描かれている様な気がします。
残念ながら現代社会では、そんな気概を持ってると生きずらい世の中だったりしますが、男に生まれたならば絶対に忘れてはいけない重要なものの気がします。
所詮他人だしとつい、ドライに割り切るのか諦めなのか解らない感覚を持ちがちな人も多い現代社会に対する強烈なアンチテーゼにも聞こえました。

また、フェラーリのイタリア空軍が待ち構えている空域を避けて誘導した部分なども、男と男の友情が描かれてて好きでした。

アメリカ野郎との一騎打ちの場面で命を失わせる可能性が高いので、銃口を引かなかった点や、過去の戦友、特に新婚の戦友が空へ散って行き代わりに自分が死ぬべきだと思う場面などは、命の重さを知りたくないほど知り尽くしている人間が心の内面から滲み出る行動パターンのようにも感じました。
過去に走馬灯を見た経験がある自分としては、本来生き残るはずではない状況から生還した人間特有の、その後の葛藤的な部分にも感じられ共感できましたよ。

まあ、自分は男なので男の視点でしか解らないですが誇り高く男として生きて行く人生って素敵だなと思いました。いつからかそんな男を見かけることも少なくなった気もしますが。

鈴木 :

次は風立ちぬのアセスメントお願いします

院長ブログ

院長ブログ

カテゴリー

ニュースカレンダー

2018年6月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

初心診察事前お申込フォーム

初心診察事前お申込フォーム

求人情報

求人募集

がん検診ナビ

がん検診ナビ