「となりのトトロ」 私見

ついにBlu-rayをアマゾンで購入しました(#^.^#)昔、見た時にはトトロが可愛い、位の印象でしたけど、今見たらどんなだろうかと、わくわくしながらみました。

舞台は、昭和30年代?僕の生まれる前の感じがします。のどかな田舎に引っ越してきた一家。古い家には、真っ黒な生き物がいました。
メイが、真っ黒黒すけを見たことをおばあさんに告げた際、「わたしも小さい頃には見えたんだけどね、大きくなったら見えなくなっちゃったよ。」とのセリフが印象的でした。

トトロは大きくて可愛いですが、不思議な力を持ったその土地の神様のような存在なのかな?と。
木を大きく生やしたりして、子供たちを喜ばせてくれますが、痕跡もあり、決して夢ではなかったとの場面もあります。

この映画のテーマは、小さい頃には見えるが大きくなったら見えなくなってしまうもの、しかしそこには確実に存在するもの、今の日本の社会で忘れ去られてしまったもの、というところでしょうか。

皆さんはどうでしょうか?

ネットを検索してみます・・・。トトロは死神だのなんだの、と怖いことが載っていますね((+_+))
えっそうなの?って感じでしたけど(+o+)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

院長ブログ

院長ブログ

カテゴリー

ニュースカレンダー

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

初診診察事前お申込フォーム

初診診察事前お申込フォーム

求人情報

求人募集

がん検診ナビ

がん検診ナビ